富山県産杉材の書架とスツール

itai_00.jpg

富山県立イタイイタイ病資料館へ、木製書架とスツールを納品させて頂きました。
どちらも地元富山県の杉材を使用しています。
地元で製作して使用するというシンプルな流通が、地域に根ざすという点においてもとても有意義なことだと思います。
公共の場でのこのような動きが増えていくことを期待したいと思います。






itai_04.jpg
木製書架は可動棚付きです。
簡易的な間仕切りとしての使用も兼ねている為、背板は羽目板状になっております。また、天板は浮造りで仕上げて素材感を出しました。

スツールは杉の集成材を使用しました。
座面のΦ500mmとかなりゆったり目な仕様になっています。

< 木製書架 >
サイズ:W2010 x D360 x H830 仕上:着色ウレタン塗装
< スツール>
サイズ:Φ500 x SH380 仕上:ウレタンクリア塗装



itai_03.jpg itai_05.jpg itai_06.jpg

無垢の素材感を生かしたシンプルなボックス

box_gaikann .jpg
扉の素材感が特徴的なシンプルな収納ボックスです。
本体はポリ合板とメラミンを組み合わせてソリッドな形状となっているのに対して、扉は米杉の厚単板を使用し、無垢材の風合いを生かしたつくりになっています。
米杉の色味の違いが、扉の一枚一枚の表情に個性を持たせ、シンプルな形状ですが特徴のある家具になりました。

サイズは W500 x H400x D400(mm)、内部には可動棚が一枚。また、スライド丁番はダンパー付のものを採用しているので、扉の閉まりもとても静かです。リビングでの小物の収納のほか、シューズボックスとして使用されます。



box_gaikann2 .jpg  box_naikann .jpg

box_2-4.jpg  box_all.jpg

< 設計:山田哲也建築設計室 様 >

シンプルなシューズボックス/ナラ

shoes_00.jpg
シンプルなデザインのシューズボックスです。

引き戸の取手や天板、側板の小口にはナラの無垢材を使用し、表面材にはナラの無垢材をスライスした厚単板を使用し、オイルフィニッシュで仕上げました。

浮かせて取付することでブーツや長靴のスペースも確保しました。また、中央の引き戸は取り手を両側に付けて、左右どちらにも開けるようにしてあります。





shoes_01.jpg  shoes_02.jpg

ブックシェルフ/アメリカンチェリー

bookshelf1_01.jpgマンションの7階にブックシェルフを納品してきました。

サイズは、1930x2050(mm)あります。さすがにこの大きさになると、7階のお部屋のリビングまで1体ものでの搬入は難しそうです。
ということで、納めた状態では全く分からないのですが、2台を組み合わせて1台に仕上げてあります。

また、床の材料に合わせてアメリカンチェリーの突板を選び、仕上げの色、ツヤも床材に合わせてあります。
オーダー家具ではお施主様の色々なご要望にお応えすることが出来るので、ぜひお薦めいたします。


bookshelf1_02.jpg


欅材をリユースした、大型のディスプレイ什器

tamaasahi_01.jpg八尾町にある老舗の酒造会社のディスプレイ什器です。
オリスでは、店舗什器のプランニング、製作・取付も行っております。

天板は、八尾町の古いお寺で使われていた欅(ケヤキ)の縁板をリユースしました。
年月が経ってもこのように加工して再利用できるのが無垢材の良いところです。
幕板には柿渋染めの和紙を貼り仕上げました。欅との相性もとても良いです。

材 質:欅無垢材、欅突板 柿渋ペイント、蜜蝋ワックス仕上
サイズ:W3180 (幕板W5080)  D700  H2385 (天板H880)



tamaasahi_02.jpg tamaasahi_03.jpg tamaasahi_04.jpg

△トップへ戻る