WILLIAM MORRIS  Garden Tulip

morris06-3.jpg
ウィリアム・モリスの壁紙「ガーデンチューリップ」の施工例です。
玄関扉正面のニッチ内に、「絵画を飾る感覚」でアクセントとしてご採用いただきました。
玄関の扉を開けるとまずこの壁紙が飛び込んでくるので、かなりインパクトがあります。






morris06-2.JPG
「ガーデンチューリップ」はモリスの1885年の作品です。
この壁紙にはモリスが好んで使ったといわれる藍色と茜色が使われています。
背景のネイビーと、連なるような2色のチューリップ。美しい配色、模様はまさに絵画の魅力が詰まっていると思います。







morris06-1.JPG
天井と床はタモ無垢材にミディアムブラウンのカラーオイル仕上げ、玄関収納も同様にタモ材にカラーオイル仕上げです。
壁の仕上げは、ペンキ下地用壁紙ルナファーザー・チップスを貼り、その上にファロー&ボールのペイント#226 JOA'S WHITEで仕上げてあります。塗装はなんとお施主様のセルフペインティングです。(塗装についてはこちらでもご紹介しております。)

マットな質感と、版画のような雰囲気の手作り感がある壁紙ですので、あたたかみのある無垢材や、ファロー&ボールのようなツヤ無しのペイントとは相性がとても良く、組合せとしては大変お薦めです。

WILLIAM MORRIS  Blackthorn

morris05_3.jpg
ウィリアム・モリスのブラックトーンの施工例です。
モリスにデザイナーとしての才能を認められていた、ジョン・ヘンリー・ディールが1892年にデザインした壁紙です。

モリスが好んだ英国の花、ブラックトーン(リンボク類)の花やスミレがデザインされていて、オリジナルは23個もの版を用いたハンドプリントで作られたそうです。これぞ「アーツ&クラフツ」ですね。

古い民家を改装した洋服店さんに施工させていただきました。ウィリアム・モリスの壁紙は、古い日本の建築にとてもよく合います。

morris05_1.jpg  morris05_2.jpg
[製品紹介に戻る]

WILLIAM MORRIS  Arbutus

morris04_1.jpg
ウィリアム・モリスのアービュータスの施工例です。

イチゴノキをモチーフにしたこの壁紙は、モリス商会のデザインスタジオの一員であったカーズィーが第一次世界大戦前にデザインし、サンダーソン&サンズによって機械プリントされました。

カウンターやフロアなどの木部との相性もとても良く、イチゴの実の赤色がアクセントとして効いています。




morris04_2.jpg morris04_3.jpg

WILLIAM MORRIS  Brer Rabbit (red&beige)

morris03_1.jpg
リビングでの施工例です。
モダンな雰囲気のインテリアに、ブレアラビットの壁紙を合わせました。ベースカラーとなる天井、壁のペイントはすべてファロー&ボールの #2003 pointing を使用しました。

アクセントとして素材や色を変えることで、シンプルな空間のなかにメリハリが表現できます。ペイントでアクセントを表現する方法に比べると、壁紙はどちらかというと絵を飾る感覚に近いのではないでしょうか。
「インテリアを楽しむ」という点でも、アクセントの壁紙は大変おすすめです。


morris03_2.jpg
ブレアラビットのカラーバリエーションは全部で6色あります。
寝室での施工例のグリーンや、アクセントにも使える渋いブルーや、暖かみのあるベージュなど、同じパターンでも色によって感じる印象は変わりますが、向かい合ったウサギと、にっこり笑った小鳥がモチーフになっているかわいいデザインの壁紙です。



[製品紹介に戻る]

WILLIAM MORRIS  Brer Rabbit (green)

morris02_1.jpg
寝室での施工例です。
リラックスの効果があるグリーンを基調色としてセレクトしました。
カラーオイルで仕上げた板張りの壁に、手作り感のある壁紙がとてもよく調和しています。









morris02_2.jpgブレアラビットは1882年、インディゴ抜染のために作られたデザインです。
最初はシルクベルベットにプリントされていました。モリスが子供達に読み聞かせていた"レアムおじさん"のお話に出てくる賢いウサギがモチーフになっているそうです。






WILLIAM MORRIS  Fruit

morris01_1.jpg
施工例は、フルーツ(柘榴)です。
柘榴の実の色に合わせてセレクトした、キッチン背面のピンクがよく調和しています。
食欲アップの効果がある暖色と、たくさんのフルーツが楽しいダイニングスペースになりそうです。











morris01_2.jpg
モリスが1866年、壁紙のためにフルーツをモチーフに描いたデザインです。
初期の代表作として有名なこの作品は、ウィリアム・モリスのコレクションのなかでももっとも人気が高いもののひとつです。






wall_fb.jpg
HIPSQUAREのフェイスブックページでも、ファロー&ボールやウィリアム・モリスの壁紙の施工例を紹介しております。

こちらよりご覧ください。
△トップへ戻る