FARROW & BALL Wisteria

fbwp08_02.jpg
ファロー&ボールの壁紙"Wisteria"の施工例です。
今回は、水野行偉建築設計事務所 様の設計による新築物件にて施工を担当させて頂きました。

玄関ホールから2階へと繋がる吹き抜けの空間に、藤の花が大きくあしらわれているWisteria(ウィステリア = 藤)という柄の壁紙を大胆にご採用頂きました。



















fbwp08_03.jpg
ベースがうすいブルーで、藤の花のパターンがホワイトとシルバーで色づけされています。
華やかで上品な柄ですが、ベースの色が効いていて、とてもさわやかな印象でした。

ファロー&ボールの壁紙はすべて、伝統的な工法によるハンドメイドです。
手作業でこのような華やかで美しい壁紙を作る技術には脱帽します。

ウィステリアのカラーバリエーションは全部で20パターンあります。
その一部はこちらよりご覧になれます。
ベースの色によりシックであったり、フェミニンであったりと受ける印象がガラッと変わりますが、とても品のある仕上がりになると思います。














fbwp08_01.jpg

FARROW & BALL  The Lotus Papers

富山市内の美容室エースカフェさんの店内の内装にファロー&ボールの壁紙"The Lotus Papers"を施工させて頂きました。

メインの空間はホワイトのカラーオイルで仕上げたパインの板張りで、全体の明るく柔らかなイメージに合わせて壁紙を選んで頂きました。
春らしく、とてもさわやかな雰囲気に仕上がったと思います。







acecafe_1.jpg
The Lotus Papersは、19世紀のフランス公文書からヒントを受け描かれた蓮の花をモチーフにしたパターンで、大柄と小柄の2つのパターンがあります。今回はスモールパターンをご採用頂きました。

ラージパターンに比べると柄そのものの主張は少ないものの、柔らかなカラーと相伴って、濃茶色のアンティーク家具やインドアグリーンといった小物がうまく引き立っていました。






acecafe_3.jpg

FARROW & BALL  St.Antoine < 2 >

fbwp07_02.jpg
アイラッシュ(まつげ)サロンでの施工例です。
こちらはマンションの1室を改装しており、元々は白系のビニールクロスでしたが、壁紙とペイントで驚くほどの変化を遂げました。

使用した壁紙は、ファロー&ボールの St.Antoine ベースは淡いピンクで、柄はワインレッドです。また組み合わせたペイントはNO.31 RAILING ブラックに近いくらいの濃茶色です。濃色の持つ重厚感、高級感がとてもよく現れていると思います。
また、枠や巾木などの造作材などは密着性の高いペイントで白色に塗りつぶしました。




fbwp07_04.jpg
壁紙の手前に下がっているパネルには額縁はメタリックブロンズのペイントを採用しています。
そしてこの塗料は金属の粒子を含んでいるため、ペイントでありながら無垢の真鍮や銅に近い経年変化をもたらします。
時間の経過と共にこれから酸化して黒味を帯びていきます。
そしてダークグレーのパネル部分、こちらもペイントによる加工になります。
表面には塗料の厚みが付き、独特のテクスチャーを見せています。ここにはマグネットペイントを採用しており、更に上から壁と同色のペイントで仕上げてあります。
マグネットペイントは錆びないように加工された鉄の微粒子を含んだ水性塗料で、磁石がつく壁面を作り出すことが出来ます。

fbwp07_03.jpg fbwp07_05.jpg

FARROW & BALL   Silvergate < 2 >

fbwp06_01.jpg
同物件でのシルバーゲイトの対照的な2点の施工例をご紹介します。
使用した壁紙の配色はニュートラルな白に爽快なスカイブルーの柄の組み合わせ。
トラッドなパターンにモダンなカラーを配しています。








fbwp06_02.jpg
1点目は玄関です。
壁紙の面以外の壁は、同じくファロー&ボールのペイント、No.22 LIGHT BLUE で塗装しています。壁紙の柄の色味に近いライトブルーを合わせ、色数を抑えめにして全体をまとめました。








fbwp06_03.jpg
2点目はトイレです。
玄関と同じく一面に壁紙シルバーゲイトを、他の壁は No.74 CITRON でペイント。
同じ壁紙でも組み合わせる色を変えると雰囲気も変わります。
青と黄色は反対同士の色、補色になりお互いの色の鮮やかさを強調します。

FARROW & BALL   Silvergate

fbwp_05-1.JPG寝室のアクセントウォールに、ファロー&ボールの壁紙「シルバーゲイト」を選択しました。
大胆で渦を巻いているようなこのパターンは、19世紀初頭にオリジナルの壁紙が印刷されたイギリスのノーフォーク州の村の名前をとって名付けられたそうです。

パターンリピートが132cmと非常に大柄なので、実際に施工した壁面を見るととても迫力があります。他の壁3面と天井は、同じくファロー&ボールのエマルションペイントを使用しております。



fbwp_05-3.JPG
壁紙の印刷にも同じくペイントが使用されておりますので、色合いもそうですが、質感もとても相性がよいです。
コーティングによりウォッシャブル加工も施してあり、汚れの拭き取りや水拭きも可能ですので、お手入れも簡単です。

ブラインドはハンターダグラスのデュエットシェードを組み合わせました。
施工例のような、ペイントと壁紙、ブラインドを組み合わせたインテリアの提案も行っております。
お気軽にご相談下さい。


[製品紹介に戻る]

FARROW & BALL  Garden Trellis

fbwp_04.jpgファロー&ボールのガーデントレリスの施工例です。水回りにこんな華やかな壁紙はいかがでしょうか?

ガーデントレリスは、もとはダンコムパークで見つかったダマスク織りがオリジナルでした。
その家は1900年代初めに家事で損傷しましたが、ファロー&ボールが壁紙のデザインとして再現しました。









FARROW & BALL  The Ranelagh Papers

fbwp_02.JPG
和洋菓子店様に施工させて頂きました 。
落ち着いた雰囲気の店内には、ファロー&ボールの壁紙とペイントをコーディネートしてあります。

ご採用頂いたラネラペーパーは、古代ローマ・ギリシャ時代からの発見物の影響を受けたデザインです。
また、渋いワインレッドのペイントはファロー&ボールのBRINJAL(#222)です。深みのある色合いが、上品さと都会的な洗練された雰囲気を醸しだしています。
さらに間接照明の効果も加わることにより、壁紙のシンプルなパターンの連続が空間をドラマチックに演出しています。


[製品紹介に戻る]

FARROW & BALL  St.Antoine


fbwp_01.jpg
石川県の Patisserie ar さんという洋菓子店にて施工させて頂きました。

サント・アントワーヌは、1793年にフランスの壁紙メーカーによって作り出された柄です。

フランスダマスクの古典的なスタイルの典型である放歌的なデザインを特徴としています。







wall_fb.jpg
HIPSQUAREのフェイスブックページでも、ファロー&ボールやウィリアム・モリスの壁紙の施工例を紹介しております。

こちらよりご覧ください。
△トップへ戻る